活動紹介ナノテクノロジーフォーラム主催のシンポジウムを開催しました。


2015年 9月1日(火)に、公開セミナー「バイオセンシング研究開発のビジネスへの道」を開催いたしました。
会場:早稲田大学研究開発センター 120-5号館 121会議室
学内外で起業活動を行っている方々に、起業の経験談、苦労話、プロセスなど、多方面の話を伺うことができ、 参加された会員の方からも、「新規事業の立上げを検討する上で大変参考になった」との声が寄せられました。 当日は会員の方々、本学研究者、学生など40名の方にご参集いただきました。

「生体バランスセンシングと社会実装 」

   大橋 啓之 教授(早稲田大学 研究院教授)
sympo1
sympo1   「オフィスから飛び出せ!:顧客開発モデルと
       リーンスタートアップ」
          飯野 将人 様
     (ラーニング・アントレプレナ‐ズ・ラボ株式会社 
       共同代表)
「理研ジェネシス:大企業発ベンチャ」

  塚原 祐輔 様(株式会社理研ジェネシス 社長)
sympo1
sympo1 「シンフォディア・フィル:スモールスタートアップ」

    滝口 收 様
        (株式会社シンフォディア・フィル 代表取締役)

「医療現場の視点から見たバイオベンチャー:日本、アジアの特徴」

  張 弘 様(早稲田大学 招聘研究員・医学博/MBA)
sympo1
sympo1 「ポケットガイガー:市民参加型のセンシングビジネス立ち上げ」

  石垣 陽 様(ヤグチ電子工業株式会社 CTO) 








▲ Back to Top