活動紹介ナノテクノロジーフォーラム主催のシンポジウムを開催しました。


2013年2月26日(火)にナノテクノロジーフォーラム主催クリーンエネルギー分野・グリーンエレクトロニクス分野連携シンポジウム『スマートな電気エネルギーシステムとそれを支える要素技術(蓄エネと制御)』を開催いたしました。
会場:早稲田大学研究開発センター 120-5号館 ASMeW121会議室
大林秀仁会長の挨拶にはじまり、本学研究者による講演と当会場に併設する「早稲田大学EMS新宿実証センター」の紹介・見学会を行いました。
当日はナノテクノロジーフォーラム会員の他、関係者や感心をお持ちの方々53名が参加されました。

「新エネルギーシステム開発動向と課題」

橋本 正洋 先生 (国際情報通信研究科 教授 兼 ナノ理工学研究機構 副機構長)


「二次電池開発の最前線と今後の技術的課題」

逢坂 哲彌 先生 (理工学術院 教授 兼 ナノ理工学研究機構 機構長)


「パワー半導体による超低損失電力制御」

川原田 洋 先生 (理工学術院 教授)


「太陽光発電システムと今後の課題」

若尾 真治 先生(理工学術院 教授)


会場







▲ Back to Top